東京・神奈川でがん検診を受けるならゆうあいクリニック

検査のご案内

がん検診の重要性

日本人の死亡原因第1位に君臨する「がん」。 日本は、2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなる世界有数のがん大国です。一昔前とは異なり、がんの半数が治る時代、がんを抱えながら働く人が増えています。特に、急増している女性特有のがんの発症は、30~40代の働き盛りに多いといわれています。

日本人の死因(1位~5位):人口10万対

厚生労働省 平成21 年人口動態統計月報年計

※出典:厚生労働省 平成26 年人口動態統計月報年計

がんの約6割は生活習慣が要因

日本人男性の発がん要因は、喫煙が約30%、ウイルス・細菌への感染が約23%、飲酒が9%、塩分摂取が1.9%、野菜・果物の摂取不足が1.4%、肥満が0.8%、運動不足が0.3%だという統計数字が出ています。つまり、がんの約6 割は、生活習慣の見直しによって予防が可能だということになります。

  • 生活習慣の見直し

  • タバコを吸わない
  • 脂っこい食事を控える
  • 野菜をよく摂る
  • お酒を控える
  • 適度な運動を心掛ける

がんを治すには早期発見が不可欠

生活習慣の見直しを行うことで、がんのリスクは大幅に低減できますが、どんなに生活習慣を気を付けていたとしても、がんになる可能性は否定できません。また、現在、がんの5 年生存率は6 割近くですが、早期発見できれば、ほぼ9割が完治します。早期発見のためには検診を受けるしかありません。しかしながら、欧米のがん検診受診率が70%以上あるのに対し、国内におけるがん検診受診率は20%〜30%ととても受診率が低いのが現状です。

<主要5大がんの検診受診率>

胃がん
男性:45.8%/女性:33.8%
子宮がん
女性:32.7%
肺がん
男性:47.5%/女性:37.4%
乳がん
女性:34.2%
大腸がん
男性:41.4%/女性:34.5%

※出典:平成25年国民生活基礎調査

がんの成長過程

がんは1cm 程度にならないと発見できません。しかし、乳がんの場合は、たった1 年半程度で1cmのがんがその倍の大きさになります。さらに、早期がんの多くは、痛みなどの症状がありません。これらの理由からも、がんを早期発見するために「がん検診」が必要となります。

がんの成長過程

  • がんと免疫細胞

  • 健康な人の体でも、1日に多数(学説によると5000 個)のがん細胞ができています。それを、その都度退治しているのが免疫細胞です。毎日免疫細胞ががん細胞と闘っていますが、免疫細胞が退治しきれずに生き残ったがん細胞が、やがて「がん」になっていきます。

がん検診と人間ドックの違い

ゆうあいクリニックのがん検診と人間ドックで、どのような違いがあるのか分かりにくいという方のために、それぞれの特徴をまとめました。

<がん検診と人間ドックの特徴>

がん検診
人間ドック
目的

全身のがんや

アルツハイマー病の発見

生活習慣病や脳疾患の発見
分かること

全身のがん

アルツハイマー病

・高血圧

・脂質代謝異常

・糖尿病

・脳動脈瘤

・微小脳梗塞      等

こんな方におすすめ

・家族にがんの既往歴がある方

・喫煙者(以前喫煙していた方を含む)

・がんの治療歴のある方

・がんが気になる方

・生活習慣病を全般的に調べたい方

・脳疾患を詳しく調べたい方

  • がん検診・人間ドック

    プラン一覧・WEB予約
    045-540-8216

    9時~18時(日・祝日・年末年始除く)

    ※本ダイヤルでの通話は、電話応対の品質向上とお問い合わせ内容確認のため、録音させていただいております。

  • 医療機関の方

    ご予約方法を確認する
    045-540-8215

    9時~18時(日・祝日・年末年始除く)

    ※本ダイヤルでの通話は、電話応対の品質向上とお問い合わせ内容確認のため、録音させていただいております。